liberta_azione ウブリロッテ

ORA ESATTA

wiki1">

 

Realizzazione grafiche Dadodado international 2001-2008

Copyright Credits


cartier roadster hinta
orologio di diamanti hublot
высокая цена hublot
  • BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
    • エグゼクティブ転職
    • 日経キャリアNET
  • ナショジオ
  • 日経電子版

20代働き女子の理想の上司像は

2015年1月5日

20代会社員が上司に求めるもの、男性はリーダーシップ、女性は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
今までに尊敬する上司に出逢ったことがあるか
画像のクリックで拡大表示
今までに尊敬する上司に出逢ったことがあるか
上司のどんな点を尊敬している/していたか
画像のクリックで拡大表示
上司のどんな点を尊敬している/していたか
理想は、どんな上司になりたいか
画像のクリックで拡大表示
理想は、どんな上司になりたいか

 人材総合サービスのエン・ジャパンが運営する転職情報サイト「エン転職」は、理想の上司像について調査した結果を発表した。それによると、20歳代の働き女子が憧れる理想の上司の条件は、いつでも相談できる雰囲気があることだという。

 エン転職サイトを利用する20歳代の男女855人に、今までに尊敬する上司に出会ったことがあるか尋ねたところ、「ある」が76%を占めた。「ある」と答えた人に、上司のどんな点を尊敬している(していた)か聞いてみると、全体では「いつでも相談できる雰囲気がある」「リーダーシップがある」(いずれも33%)が同率1位に挙げられた。

 男女別で見ると、男性の1位は「リーダーシップがある」、2位が「視野が広い」、3位が「決断力がある」「部下・後輩の面倒見が良い」であるのに対し、女性のは1位から順に「いつでも相談できる雰囲気がある」「人によって態度を変えない」「決断力がある」となった。

 9種類の上司のタイプを提示し、理想はどんな上司になりたいか聞いたところ、最も人気が高いのは「いつも笑顔な“ムードメーカー”タイプ」(20%)だった。一方、「背中で語る“父親”タイプ」、「教育視点を大事にする“先生”タイプ」、「危険を顧みない“切り込み隊”タイプ」、「世話焼き“母親”タイプ」、「熱血!“体育会系”タイプ」は支持が10%以下にとどまり、昭和的のスポーツマンガや青春学園物語、刑事ドラマなどを彷彿とさせるスタイルはあまり人気がないことが分かった。

■関連情報
・エン・ジャパンのWebサイト www.enjapan.com/
・エン転職のWebサイト employment.en-japan.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント


★日経ウーマンオンラインに関する簡単なアンケートにご協力ください

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

コメント機能の使いかた  

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方,就職・転職

トレンドの新着記事

  • 100倍仕事が楽しくなる! ワークスタイル入門(11月17日)
  • 【PR】iPhoneに挿せるUSBメモリー「i-Memoryフラッシュドライブ」が便利(6月29日)
  • 【PR】英会話学習のパートナー「Lesson Pod」で英語が友達になるワタシの毎日(3月7日)
  • 【PR】“幸せの最大化”のために「投資」の一歩を踏み出そう(12月7日)
  • 【PR】mineo で!かしこく スマホ代のムダ遣 いゼロに!(11月25日)
  • 【イベント報告】WOMAN EXPO、初の海外開催(10月30日)
  • 元ディーラー豊島逸夫さんが分かりやすくレクチャー(8月7日)
  • フィギュア選手鈴木明子さんをどん底から救った絆(7月5日)
  • かつては「ゆるキャリ志向」、今は「輝くリーダー」の軌跡とは(7月1日)
  • 「子連れの身でも、海外単身赴任したい」~私のキャリアの築き方(5月19日)

キャリア&スキルの新着記事

  • これが3秒で心をつかむ「ほんわかコミュニケーション」
  • そのパワポは不要 「手書き」で残業が減る資料作成術
  • 読者がSNS以上によく見ているニュースサイトは?
  • 指示通りの仕事だけではNG デキる人には「+α」が
  • 上司だって悩んでいる「リーダーシップに自信がない」
  • 好きな仕事だけど続けられない 30歳前に考えた転職
  • 年収400万の人が1万円寄付 税金いくら安くなる?
  • 「同一労働同一賃金」正社員の賃金が下がるって本当?
  • 自分も周囲も幸せにするスキル 「ご機嫌力」を磨く
  • 「自分でやったほうが早い病」、必ず治る方法はコレ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

人気記事ランキング

  • 指示通りの仕事だけではNG デキる人には「+α」が
  • 月収10万円台でもこんなに貯まる 時間とお金の活用術
  • 月収20万で貯蓄1000万円 幸せ独身女子の貯め方
  • これが3秒で心をつかむ「ほんわかコミュニケーション」
  • 「運がいい人の特徴2つ」手相占い芸人島田秀平が伝授
  • ランキングをもっと見る
毎月プレゼントが当たる!メルマガ登録はこちら!

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 詳しく見る 購入する デジタル版は
    こちら

    仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    特集:「部屋を片づけると勝手にお金が貯まる!7つの理由」大公開!年100万円貯めてる人の財布・冷蔵庫・クローゼット 特別付録:書くだけで貯め上手になる!マネー手帳 2018上半期

  • 詳しく見る 購入する デジタル版は
    こちら

    もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 12月号

    特集 ご飯OK!油OK!賢く食べて体脂肪オフ 「ラクにやせる 糖質・脂質 とり方の正解!」リバウント知らず、一生太らない!

  • 詳しく見る 購入する 日経DUALの
    会員サービス

    働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 11月号

    「日経DUAL」11月号は「地頭がいい子を育てる暮らし方」「DUAL独自調査!家事代行サービスランキング」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「中田敦彦 ユーチューバーの活躍に危機感があるから」「魔裟斗 最初は子どもなんて欲しくなかった」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版
Hashtags for #ヤフオク in Instagram, Twitter, Vimeo

We gather the most Popular contents for you

Discover best of Instagram, Twitter and Vimeo.

You want to search some tags like ヤフオク

Use box below to get most popular Instagram, Twitter and Vimeo tags

ヤフオク £Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ a£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ b£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ c£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ d£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
f£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ g£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ h£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ i£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ j£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ k£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
m£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ n£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ o£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ p£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ q£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ r£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
t£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ u£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ v£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ w£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ x£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ y£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
äフオク Ãaƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãbƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãcƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãdƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãeƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
Ãgƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãhƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãiƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãjƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãkƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãlƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
Ãnƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãoƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãpƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãqƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãrƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãsƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
Ãuƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãvƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãwƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãxƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãyƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãzƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãa’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãb’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãc’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãd’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãe’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãf’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãh’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãi’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãj’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãk’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãl’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãm’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ão’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãp’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãq’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãr’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãs’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãt’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãv’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãw’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãx’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãy’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãz’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãƤフオク
ãÆb¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆc¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆd¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆe¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆf¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆg¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãÆi¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆj¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆk¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆl¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆm¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆn¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãÆp¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆq¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆr¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆs¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆt¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆu¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãÆw¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆx¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆy¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆz¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ヤフオク ãƒa¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯
ãƒc¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒd¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒe¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒf¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒg¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒh¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯
ãƒj¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒk¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒl¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒm¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒn¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒo¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯
ãƒq¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒr¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒs¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒt¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒu¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒv¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯
ãƒx¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒy¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒz¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒÂフオク ãƒÂaフオク ãƒÂbフオク
ãƒÂdフオク ãƒÂeフオク ãƒÂfフオク ãƒÂgフオク ãƒÂhフオク ãƒÂiフオク
ãƒÂkフオク ãƒÂlフオク ãƒÂmフオク ãƒÂnフオク ãƒÂoフオク ãƒÂpフオク
ãƒÂrフオク ãƒÂsフオク ãƒÂtフオク ãƒÂuフオク ãƒÂvフオク ãƒÂwフオク
ãƒÂyフオク ãƒÂzフオク ヤ£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤa£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤb£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤc£Æ’•ã‚ªã‚¯
ヤe£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤf£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤg£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤh£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤi£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤj£Æ’•ã‚ªã‚¯
ヤl£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤm£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤn£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤo£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤp£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤq£Æ’•ã‚ªã‚¯
ヤs£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤt£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤu£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤv£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤw£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤx£Æ’•ã‚ªã‚¯
ヤz£Æ’•ã‚ªã‚¯ ヤÕオク ヤÃaƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃbƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃcƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃdƒ•ã‚ªã‚¯
ヤÃfƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃgƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃhƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃiƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃjƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃkƒ•ã‚ªã‚¯
ヤÃmƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃnƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃoƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃpƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃqƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃrƒ•ã‚ªã‚¯
ヤÃtƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃuƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃvƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃwƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃxƒ•ã‚ªã‚¯ ヤÃyƒ•ã‚ªã‚¯
ヤ㒕オク ヤãa’•ã‚ªã‚¯ ヤãb’•ã‚ªã‚¯ ヤãc’•ã‚ªã‚¯ ヤãd’•ã‚ªã‚¯ ヤãe’•ã‚ªã‚¯
ヤãg’•ã‚ªã‚¯ ヤãh’•ã‚ªã‚¯ ヤãi’•ã‚ªã‚¯ ヤãj’•ã‚ªã‚¯ ヤãk’•ã‚ªã‚¯ ヤãl’•ã‚ªã‚¯
ヤãn’•ã‚ªã‚¯ ヤão’•ã‚ªã‚¯ ヤãp’•ã‚ªã‚¯ ヤãq’•ã‚ªã‚¯ ヤãr’•ã‚ªã‚¯ ヤãs’•ã‚ªã‚¯
ヤãu’•ã‚ªã‚¯ ヤãv’•ã‚ªã‚¯ ヤãw’•ã‚ªã‚¯ ヤãx’•ã‚ªã‚¯ ヤãy’•ã‚ªã‚¯ ヤãz’•ã‚ªã‚¯
ヤãÆa•ã‚ªã‚¯ ヤãÆb•ã‚ªã‚¯ ヤãÆc•ã‚ªã‚¯ ヤãÆd•ã‚ªã‚¯ ヤãÆe•ã‚ªã‚¯ ヤãÆf•ã‚ªã‚¯
ヤãÆh•ã‚ªã‚¯ ヤãÆi•ã‚ªã‚¯ ヤãÆj•ã‚ªã‚¯ ヤãÆk•ã‚ªã‚¯ ヤãÆl•ã‚ªã‚¯ ヤãÆm•ã‚ªã‚¯
ヤãÆo•ã‚ªã‚¯ ヤãÆp•ã‚ªã‚¯ ヤãÆq•ã‚ªã‚¯ ヤãÆr•ã‚ªã‚¯ ヤãÆs•ã‚ªã‚¯ ヤãÆt•ã‚ªã‚¯
ヤãÆv•ã‚ªã‚¯ ヤãÆw•ã‚ªã‚¯ ヤãÆx•ã‚ªã‚¯ ヤãÆy•ã‚ªã‚¯ ヤãÆz•ã‚ªã‚¯ ヤダ¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤãƒb€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒc€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒd€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒe€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒf€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒg€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤãƒi€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒj€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒk€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒl€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒm€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒn€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤãƒp€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒq€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒr€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒs€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒt€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒu€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤãƒw€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒx€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒy€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒz€¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâ¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâa¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤãƒâc¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâd¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâe¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâf¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâg¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâh¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤãƒâj¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâk¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâl¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâm¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒân¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâo¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤãƒâq¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâr¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâs¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒât¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâu¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâv¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤãƒâx¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒây¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâz¢Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâ€Ã£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤãƒâ€aオク ヤãƒâ€bオク
ヤãƒâ€dオク ヤãƒâ€eオク ヤãƒâ€fオク ヤãƒâ€gオク ヤãƒâ€hオク ヤãƒâ€iオク
ヤãƒâ€kオク ヤãƒâ€lオク ヤãƒâ€mオク ヤãƒâ€nオク ヤãƒâ€oオク ヤãƒâ€pオク
ヤãƒâ€rオク ヤãƒâ€sオク ヤãƒâ€tオク ヤãƒâ€uオク ヤãƒâ€vオク ヤãƒâ€wオク
ヤãƒâ€yオク ヤãƒâ€zオク ヤフ£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフa£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフb£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフc£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフe£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフf£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフg£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフh£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフi£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフj£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフl£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフm£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフn£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフo£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフp£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフq£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフs£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフt£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフu£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフv£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフw£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフx£â€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフz£â€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフªク ヤフÃa‚ªã‚¯ ヤフÃb‚ªã‚¯ ヤフÃc‚ªã‚¯ ヤフÃd‚ªã‚¯
ヤフÃf‚ªã‚¯ ヤフÃg‚ªã‚¯ ヤフÃh‚ªã‚¯ ヤフÃi‚ªã‚¯ ヤフÃj‚ªã‚¯ ヤフÃk‚ªã‚¯
ヤフÃm‚ªã‚¯ ヤフÃn‚ªã‚¯ ヤフÃo‚ªã‚¯ ヤフÃp‚ªã‚¯ ヤフÃq‚ªã‚¯ ヤフÃr‚ªã‚¯
ヤフÃt‚ªã‚¯ ヤフÃu‚ªã‚¯ ヤフÃv‚ªã‚¯ ヤフÃw‚ªã‚¯ ヤフÃx‚ªã‚¯ ヤフÃy‚ªã‚¯
ヤフ〚ªã‚¯ ヤフãa€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãb€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãc€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãd€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãe€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフãg€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãh€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãi€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãj€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãk€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãl€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフãn€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフão€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãp€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãq€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãr€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãs€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフãu€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãv€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãw€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãx€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãy€šÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãz€šÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフãâašÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâbšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâcšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâdšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâešÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâfšÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフãâhšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâišÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâjšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâkšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâlšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâmšÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフãâošÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâpšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâqšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâršÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâsšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâtšÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフãâvšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâwšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâxšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâyšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâzšÂªÃ£â€šÂ¯ ヤフãâ€ÂªÃ£â€šÂ¯
ヤフãâ€bªã‚¯ ヤフãâ€cªã‚¯ ヤフãâ€dªã‚¯ ヤフãâ€eªã‚¯ ヤフãâ€fªã‚¯ ヤフãâ€gªã‚¯
ヤフãâ€iªã‚¯ ヤフãâ€jªã‚¯ ヤフãâ€kªã‚¯ ヤフãâ€lªã‚¯ ヤフãâ€mªã‚¯ ヤフãâ€nªã‚¯
ヤフãâ€pªã‚¯ ヤフãâ€qªã‚¯ ヤフãâ€rªã‚¯ ヤフãâ€sªã‚¯ ヤフãâ€tªã‚¯ ヤフãâ€uªã‚¯
ヤフãâ€wªã‚¯ ヤフãâ€xªã‚¯ ヤフãâ€yªã‚¯ ヤフãâ€zªã‚¯ ヤフオク ヤフã‚aªÃ£â€šÂ¯
ヤフã‚cªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚dªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚eªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚fªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚gªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚hªÃ£â€šÂ¯
ヤフã‚jªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚kªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚lªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚mªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚nªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚oªÃ£â€šÂ¯
ヤフã‚qªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚rªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚sªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚tªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚uªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚vªÃ£â€šÂ¯
ヤフã‚xªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚yªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚zªÃ£â€šÂ¯ ヤフã‚Âク ヤフã‚Âaク ヤフã‚Âbク
ヤフã‚Âdク ヤフã‚Âeク ヤフã‚Âfク ヤフã‚Âgク ヤフã‚Âhク ヤフã‚Âiク
ヤフã‚Âkク ヤフã‚Âlク ヤフã‚Âmク ヤフã‚Ânク ヤフã‚Âoク ヤフã‚Âpク
ヤフã‚Ârク ヤフã‚Âsク ヤフã‚Âtク ヤフã‚Âuク ヤフã‚Âvク ヤフã‚Âwク
ヤフã‚Âyク ヤフã‚Âzク ヤフオ£â€šÂ¯ ヤフオa£â€šÂ¯ ヤフオb£â€šÂ¯ ヤフオc£â€šÂ¯
ヤフオe£â€šÂ¯ ヤフオf£â€šÂ¯ ヤフオg£â€šÂ¯ ヤフオh£â€šÂ¯ ヤフオi£â€šÂ¯ ヤフオj£â€šÂ¯
ヤフオl£â€šÂ¯ ヤフオm£â€šÂ¯ ヤフオn£â€šÂ¯ ヤフオo£â€šÂ¯ ヤフオp£â€šÂ¯ ヤフオq£â€šÂ¯
ヤフオs£â€šÂ¯ ヤフオt£â€šÂ¯ ヤフオu£â€šÂ¯ ヤフオv£â€šÂ¯ ヤフオw£â€šÂ¯ ヤフオx£â€šÂ¯
ヤフオz£â€šÂ¯ ヤフオ¯ ヤフオÃa‚¯ ヤフオÃb‚¯ ヤフオÃc‚¯ ヤフオÃd‚¯
ヤフオÃf‚¯ ヤフオÃg‚¯ ヤフオÃh‚¯ ヤフオÃi‚¯ ヤフオÃj‚¯ ヤフオÃk‚¯
ヤフオÃm‚¯ ヤフオÃn‚¯ ヤフオÃo‚¯ ヤフオÃp‚¯ ヤフオÃq‚¯ ヤフオÃr‚¯
ヤフオÃt‚¯ ヤフオÃu‚¯ ヤフオÃv‚¯ ヤフオÃw‚¯ ヤフオÃx‚¯ ヤフオÃy‚¯
ヤフオ〚¯ ヤフオãa€šÂ¯ ヤフオãb€šÂ¯ ヤフオãc€šÂ¯ ヤフオãd€šÂ¯ ヤフオãe€šÂ¯
ヤフオãg€šÂ¯ ヤフオãh€šÂ¯ ヤフオãi€šÂ¯ ヤフオãj€šÂ¯ ヤフオãk€šÂ¯ ヤフオãl€šÂ¯
ヤフオãn€šÂ¯ ヤフオão€šÂ¯ ヤフオãp€šÂ¯ ヤフオãq€šÂ¯ ヤフオãr€šÂ¯ ヤフオãs€šÂ¯
ヤフオãu€šÂ¯ ヤフオãv€šÂ¯ ヤフオãw€šÂ¯ ヤフオãx€šÂ¯ ヤフオãy€šÂ¯ ヤフオãz€šÂ¯
ヤフオãâašÂ¯ ヤフオãâbšÂ¯ ヤフオãâcšÂ¯ ヤフオãâdšÂ¯ ヤフオãâešÂ¯ ヤフオãâfšÂ¯
ヤフオãâhšÂ¯ ヤフオãâišÂ¯ ヤフオãâjšÂ¯ ヤフオãâkšÂ¯ ヤフオãâlšÂ¯ ヤフオãâmšÂ¯
ヤフオãâošÂ¯ ヤフオãâpšÂ¯ ヤフオãâqšÂ¯ ヤフオãâršÂ¯ ヤフオãâsšÂ¯ ヤフオãâtšÂ¯
ヤフオãâvšÂ¯ ヤフオãâwšÂ¯ ヤフオãâxšÂ¯ ヤフオãâyšÂ¯ ヤフオãâzšÂ¯ ヤフオãâ€Â¯
ヤフオãâ€b¯ ヤフオãâ€c¯ ヤフオãâ€d¯ ヤフオãâ€e¯ ヤフオãâ€f¯ ヤフオãâ€g¯
ヤフオãâ€i¯ ヤフオãâ€j¯ ヤフオãâ€k¯ ヤフオãâ€l¯ ヤフオãâ€m¯ ヤフオãâ€n¯
ヤフオãâ€p¯ ヤフオãâ€q¯ ヤフオãâ€r¯ ヤフオãâ€s¯ ヤフオãâ€t¯ ヤフオãâ€u¯
ヤフオãâ€w¯ ヤフオãâ€x¯ ヤフオãâ€y¯ ヤフオãâ€z¯ ヤフオク ヤフオã‚a¯
ヤフオã‚c¯ ヤフオã‚d¯ ヤフオã‚e¯ ヤフオã‚f¯ ヤフオã‚g¯ ヤフオã‚h¯
ヤフオã‚j¯ ヤフオã‚k¯ ヤフオã‚l¯ ヤフオã‚m¯ ヤフオã‚n¯ ヤフオã‚o¯
ヤフオã‚q¯ ヤフオã‚r¯ ヤフオã‚s¯ ヤフオã‚t¯ ヤフオã‚u¯ ヤフオã‚v¯
ヤフオã‚x¯ ヤフオã‚y¯ ヤフオã‚z¯ ヤフオ゠ヤフオã‚Âa ヤフオã‚Âb
ヤフオã‚Âd ヤフオã‚Âe ヤフオã‚Âf ヤフオã‚Âg ヤフオã‚Âh ヤフオã‚Âi
ヤフオã‚Âk ヤフオã‚Âl ヤフオã‚Âm ヤフオã‚Ân ヤフオã‚Âo ヤフオã‚Âp
ヤフオã‚Âr ヤフオã‚Âs ヤフオã‚Ât ヤフオã‚Âu ヤフオã‚Âv ヤフオã‚Âw
ヤフオã‚Ây ヤフオã‚Âz
ヤフオク

Use box below to get most popular Instagram, Twitter and Vimeo tags

ヤフオク £Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ a£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ b£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ c£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ d£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
f£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ g£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ h£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ i£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ j£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ k£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
m£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ n£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ o£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ p£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ q£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ r£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
t£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ u£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ v£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ w£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ x£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ y£Æ’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
äフオク Ãaƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãbƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãcƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãdƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãeƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
Ãgƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãhƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãiƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãjƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãkƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãlƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
Ãnƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãoƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãpƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãqƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãrƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãsƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
Ãuƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãvƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãwƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãxƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãyƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ Ãzƒ¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãa’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãb’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãc’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãd’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãe’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãf’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãh’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãi’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãj’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãk’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãl’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãm’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ão’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãp’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãq’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãr’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãs’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãt’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãv’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãw’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãx’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãy’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãz’¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãƤフオク
ãÆb¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆc¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆd¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆe¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆf¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆg¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãÆi¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆj¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆk¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆl¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆm¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆn¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãÆp¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆq¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆr¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆs¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆt¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆu¤ãƒ•ã‚ªã‚¯
ãÆw¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆx¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆy¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ãÆz¤ãƒ•ã‚ªã‚¯ ヤフオク ãƒa¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯
ãƒc¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒd¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒe¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒf¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒg¤Ã£Æ’•ã‚ªã‚¯ ãƒh¤Ã£Æ’•