魔法つかいプリキュアについて|ジャンク的漫画日記 フェイクオメガ

魔法つかいプリキュアについて

テーマ:
ニチアサ
 
キラキラ プリキュアアラモード キューティーフィギュア (3種セット×1個入) 食玩・ガム(キ... キラキラ プリキュアアラモード キューティーフィギュア (3種セット×1個入) 食玩・ガム(キ...
1,458円
Amazon
 
まほプリ、最終回でしたね。
最後は次の「キラキラプリキュアアラモード」とのコラボ回という仮面ライダーのような作りになっていました。
 
いやー…えーと…
 
いやー、来週が楽しみですね。
 
というわけで注意書きです。
 
 
魔法つかいプリキュアが面白かった、最高だった!と思っている方はこの記事を読まないでください。本当によろしくお願いします。
(今回はかなり評価が分かれそうだと思ってます)
 
 
 
 
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
 
 
プリキュアは10年以上続いてきたシリーズです。
一年通して流れるアニメは現在とても少なく、ニチアサかドアサぐらいしかありません。
しかし、4クール続けることで大きな感動が得られるため、「子供向け」であろうと私はとても好きですし、制作側も本当によくやっているなあと頭が下がる思いです。
 
しかし、一年続ける番組のクオリティがひどいとどうなるか。
それは実写である特撮ヒーローもので何度も味わっていますが、しんどいです。
そして、プリキュアも例外ではなく私は「スイートプリキュア」をプリキュアのシリーズだと思いたくありません。とにかく酷い出来だったし、突っ込みどころが多すぎて。
 
まほプリはスイートプリキュアほどではありませんが、スイプリより「マシ」というレベルのものでした。
 
よかったところはあるのです。
 
みらいとリコが別世界の人間で、全然知らないところから友情を結んでいるところ。
みらいもリコもとてもいい子で、頑張っている部分にはとても共感できる。
追加要員はーちゃんは少々会話の成立しないキャラクターでしたが、悪意を感じないので安心して見守っていられました。
みらいの家族も子供への理解とやさしいまなざしがあり、彼らが子供たちにむけた言葉はひとつひとつ捨てる部分がなく貴重でした。(とくにみらいのお父さんが面白いキャラでした。電機会社に勤めていて電化製品と魔法の共通性を語ってみたり)
ナシマホウ界の友達まゆみと勝木さんも、それぞれに個人回があって掘り下げがあり、この回はとても面白かったです。
というか基本的にナシマホウ界と中学校をめぐる物語については文句がありません。
 
で、ここから短所についてあげていきます。
 
マホウ界の書き方が全く理解できなかった。みらいがマホウ界に飛ばされ、初期段階は「戻れない」。まずみらいの「足場」がふわふわした状態だったのに不安を感じました。
それから人魚やペガサスなど異世界らしいギミックはあるのだけれど、一回に登場人物が多いのです。
始まってから一か月くらい?みらいはリコと魔法の補習を受けます。しかしぶっちゃけた話「補習仲間」は3人もいらなかったんです。三人いれば補習をクリアするパターンは三つ必要です。そこに時間を割いていると、主人公であるみらいとリコの掘り下げができなくなってしまう。初期段階でこれはない、と思いました。そして補習が進むうちに三人のクリアパターンが雑になっていく。
そしてさらに、人魚やペガサスの心の動きとかいろんな要素を盛り込んでくる。30分しかないのにあれもこれもゴテゴテと入れてきて整理がされていなかった。
こうなってくるとせっかくみらいとリコが「いい子」なのにそこにスポットが当たらなくて感情移入がしにくい。
今までプリキュアが「異世界を冒険する」ことはなかったので、これは慣れていないからだと思います。ただ、プリキュアは「日常」からの物語だと思っているのです。
だったらナシマホウ界にリコだけおいて、あとはこちらで宝石探しをすればよかったんじゃないかと思います(宝石を手に入れながら魔法を学んでいくとか)。勝木さんみたいなかわいいお邪魔虫もいるし、しばらく追っかけっこしているだけでも話は成立したんじゃないかと。
リコはかわいそうですがマホウ界の人々はこっちにちょいちょい来てるじゃないですか。
 
で、敵側もキャラが多い。
前期のドクロクシー一味と後期のデウスマスト一味。どちらも4人の幹部がいる。
なぜラスボスを二つに分けたのかという大きな問題もありますし、まあ二人いてもいいんですけどこういうのって終了一か月前にドクロクシー倒してゾーマのごとくデウスマスト出せばいいやんってことじゃないすか(そしてデウスマストは恐ろしい速さで倒された)。
幹部すべてに贅沢な声優使っているのに印象が薄くてかわいそう。
 
ドクロクシー編もデウスマスト編も、敵の「目的」が直前までわからなかった。
さらにいうと、校長などサポート人物にその情報が渡らなかったりいろいろとウヤムヤ。
ドクロクシーは「エメラルドを探している」けれど、それを何に使うのかをはっきり言わないし。
デウスマストの一味に至っては「マホウ」に対する「ムホウ」が何なのか教えてくれない。
そしてドクロクシーがデウスマストによって動かされていた、とラストあたりになって言い出して、「すごいやっつけだな」と思いました。
チクルンも何のために出てきたんだかよくわかりません。妖精の女王に会わせるためのキャラだったの?
 
また、ヨクバールのでき方がね。「無機物」なんですよ。
感情のない怪物だとたしかに倒しやすいんですけど…本当にザコっていうか、そこに何か工夫はできなかったのか?というやっつけ感がありました。
ハトプリみたいに感情がもろだしになるとか、GOプリみたいに夢を閉じ込めるとか、見ている側が「許せない!」と思うのは必要ではないかと。
 
そして戦闘。一回目は「魔法のはずなのに物理攻撃だなあ」と思うだけでしたが、二回目以降はただもう、わからないんです。
ミラクルとマジカルが、どこへ向かって飛んで、どのベクトルでヨクバールにぶつかっているのかがわからない。気が付くと、なんか飛んでなんかぶつかっているだけ。
動線がまるで見えないんです。物理で戦うと決めたなら、そこはやるべきでしょう。
では魔法はどうか、というとメインの4つの宝石以外はステッキにつけて発動させますが、はーちゃんが使うピンクトルマリン以外一回くらいしか使われていないのです。
結局スイプリのように8時50分あたりで変身し、ちょっとキックして必殺技を使うだけ。
悪夢かと思いました。
最近TOKYOMXでGOプリの再放送が始まりましてね。それを大事に見ているんですけど・・「かゆいところに手が届く」戦闘を見ていると「なんでこれができないんだろうな」と思いますよ。
 
あとは作画で oadtzzaw. لونجينょうか。
キャラクターデザインは悪くない。ただ、ちょっと複雑な衣装だったと思います。あれだと動かしにくいですよね。
今回は作画監督と総作画監督が別々になっていたけどそれは一体何故?
分かれていたけどそれで何かメリットはあったか?よくわからない。
なにしろバンクが面白くないのです。何がどう、というわけじゃないんですけど・・
ただルビーの変身バンクはGOプリのスタッフさんが作っていたためとても動きがあってあちこちが凝っていた。それ以外はなんか光ってなんか変身しているだけ…
フェリーチェのバンクは絵コンテを田中さんが作っていたので、花が開くあたりは「さすがー」と思ったのですが、そこまでがのろくて単調。どうして折角のコンテをここまで台無しにできるんだろうと思いました。
まほプリはキャラの個性を見せるバンクではなかった。個性は「宝石」にあった。
プリキュアが5人6人いても、短いバンクでも、個性がはっきりしていれば「いいバンク」なんですよ。
この「なんだかわかってない感」が全体的にあって、一体スタッフ的にどうなってるんだろうと思っています。
 
作画も脚本も、続投のスタッフさんがほとんどなわけです。
ただ、絵コンテや演出となるとGOプリにいたスタッフさんが別の番組に行っちゃっている…という状態でした。
それからGOプリやスマプリの時は田中さんや大塚さんという「トップ」がいて、彼らに追随する絵コンテと演出の人がいたり、人脈からなのか気合の入った作画をしてきたりするんですよ。
 
まほプリもね、先週のBパートに大塚さんの絵コンテが来てまして。
もうそこに関しては「さすが!すげえ!」としか言いようがなかったですよ。
でも、一年全体通してこれだけがずば抜けてスゴイっていうのは非常にまずいと思います。
大塚さんだって田中さんだって毎回絵コンテや演出ができるわけじゃない。でも、「できるだけ近いクオリティ」を保つということはできたのです。それがスマプリとGOプリなんですよ。
ブルーのおかげで低評価になりやすいハピプリだって、
ありすがかすんでてかわいそうなドキプリだって、
戦闘のクオリティやそれ以外のイベントのギミックに関しては統率が取れていた。
 
スタッフとか何から何まで、全体的にバラバラだったんじゃないかなと思ってしまうのです。
 
とはいえ短所しか見つからないスイプリと違い、「それだけはやってはいけない」という一線を越えていませんでしたし、モフルンもかわいかったし役に立っていたし、ただ一年を通すには力不足だった不運なプリキュアだったんだろうと思うしかないです。
 
来週から始まる新しいプリキュアはどうでしょうか。
ギャグ顔がハトプリ寄りだったので期待したいのですが…
 
 

にほんブログ村
AD
  • 吸血鬼すぐ死ぬ・チ・・・
  • 吸血鬼すぐ死ぬ・チ・・・

同じテーマ 「ニチアサ」 の記事

  • ありがとう、GO!プリンセスプリキュア(その2)

    2016-02-09

    20
  • ありがとう、GO!プリンセスプリキュア

    2016-02-05

    21
  • ありがとう、ハピネスチャージプリキュア!

    2015-01-29

    5
もっと見る
  • 前の記事

    吸血鬼すぐ死ぬ・チ・・・
  • 次の記事

    吸血鬼すぐ死ぬ・チ・・・
ハミングミント

プロフィール

ミバリ

性別:
大きいお友達
血液型:
マジで調べてない
自己紹介:
少女漫画少年漫画青年漫画とにかくジャンク的な漫画を無作為に読んで適当に感想を語っているブログです。 ...

続きを見る >

全体ブログランキング
16,943位
アニメ・マンガレビュージャンル
82位

読者になる

AD


★WANTED!★
ヤマ●キのロールちゃんです。
生息地はスーパー・コンビニです。
だいたい160円くらいです。
基本バニラとチョコの二種類。
見かけたらかわいがってあげてください。
ながーいのです。
最近新種が見つかりません…

漫画ハック
ちょこっとオリジナル漫画をあげていたりします。
よろしく。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年チャンピオンへ
にほんブログ村

このブログの読者

一覧を見る

読者数: 77

読者になる

お気に入りブログ

一覧を見る

ブックマーク

一覧を見る

RSS

著作権についてのご注意

AD

最新の記事

一覧を見る

テーマ

一覧を見る

あわせて読みたいブログパーツ

カレンダー

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

月別

一覧を見る

最近のコメント

Ameba人気のブログ

ランキング

  • アニメ・マンガレビュージャンル
  • 芸能人
もっとみる

ジャンル人気記事ランキング アニメ・マンガレビュージャンル

  • 1

    やっぱりフリーザ様は必要

    パピコ

    相変わらず、ディスプレイ変更中ですもはや、間違い探しレベルになりますが…やは...

    やっぱりフリーザ様は必要
  • 2

    愛に跪く時(英田サキ著*...

    宿命にあらがい、運命の愛に生きるーー古代ローマ的な時代。奴隷や剣士などこの時代ならではの好きな題材がちりば...

  • 3

    賭博堕天録カイジ 24億...

    ツェーイーメン

    1週後れ・・・まあ、たまにはね。いいよね・・・・・・m(_ _ )m※年表&...

    賭博堕天録カイジ 24億脱出編・第260話『撤収』感想 ~弱者の償い~
続きをみる

Amebaトピックス

    PR

    もっとみる

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    はじめる

    他ブログからお引っ越しはこちら

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    詳しく見る

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    申し込む

    フェイクオメガ

    réplica omega
    ارتفع هوبلوت الذهب
    Longines montres à vendre

    楽天の商品をアフィリエイトするブログ

    楽天で見つけた気になる商品の紹介記事を書いています。

    • Home

    カレンダー

    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31

    最新記事

    楽天市場、累計販売台数50万台の料亭おせち 
    (10/28)
    お客様満足度93%の小樽きたいち海鮮おせち
    (10/28)
    ボブディラン時代は変わる
    (10/19)
    楽天ランキング6年連続1位の手づくりおせち
    (10/06)
    親が教える!小学生の作文上達法
    (09/28)

    カテゴリー

    未選択(0)
    美容と健康(21)
    グルメ(4)
    サプリ(2)
    ダイエット(2)
    特定商取引法(1)
    上達法:作文(1)
    CD・DVD(1)

    おススメのリンク集

    ネットで見つけた気になる商品
    テレビや雑誌で紹介された商品のブログ
    新商品・新サービス情報を提供するブログ
    横浜トク得家探し

    ■効果のあるダイエット

    無理せず効果を実感できる、自分にぴったりのダイエット関連の情報をピックアップします。

    スポンサードリンク

    アーカイブ

    2016年10月(4)
    2016年09月(1)
    2016年08月(1)
    2016年07月(2)
    2016年05月(3)

    フリーエリア

    RSS

    RSS 0.91
    RSS 1.0
    RSS 2.0



    Menu in English (englishv.gif--140x51)

    ビーバー
    ランド
    ネット
    ホーム

     

    Beaverland Net Revised Japanese Ancient History logo (jhist02.gif--140x300)

     

    Beaverland Net HTML Made Easy! logo (html01.gif--140x160)

     

    JavaScript Made Easy! logo (javascrt.gif--140x360)

     

    Beaverland Japonica banner (japonic3.gif--140x360)

     

    Study in Canada Home Page logo (homepg.gif--160x160)

    1. 出願
    2. 学費・生活費
    3. ビザ
    4. 渡航準備
    5. バンク–バ–
      に留学しよう!
    6. BC州の教育
    7. カナダの教育
    8. 私立高校願書
      の一例 (生徒用)
    9. 私立高校願書
      の一例 (両親用)
    10. 大学入学案内
    11. 私立高校
      入学案内
    12. 全寮制私立高校
      入学案内
    13. 全寮制私立高校
      授業料
    14. 公立高校
      入学案内
    15. バンク–バ–
      公立高校
      2002 / 2003年度
      入学要項
      及び授業料
    16. 語学専門学校
      授業料一覧表
    17. バンク–バ–案内
    18. 御意見・御質問コ–ナ–
    19. 帰国子女の受け入れ
    20. BC州の官公庁
      市町村・大学・高校へのリンク
    21. 留学生のための銀行利用法
    22. 高校生1000人に留学補助

    onstore.gif (140x93)

    beavbook.gif (120x160)

    beavcomp.gif (120x160)

    beavmovi.gif (120x160)

    beavgift.gif (120x160)

    beavtrav.gif (120x160)

    music.gif (50x50)Beaverland Music

     

    新しい
    古代日本史
    Jomon venus torso (jvenus4.gif--177x197)

    マキアベリもビックリ、
    藤原氏のバイブルとは?
    by Akira Kato
    July 17, 2003

     

    Niccolo Machiavelli (machiavelli.jpg--172x216) マキアベリ (Niccolo di Bernardo Machiavelli 1469-1527) の事は、 多分知っていると思いますが、念のために、ちょっとひと言。日本の戦国時代に当たりますが、当時の、イタリアは、 フィレンツェ市国(公国)の役人をしていた人物です。

    1513年に、“The Prince” というタイトルの本を書きます。これはいわば、政権の座にある者のための、 治世の書とも言われるもので、現在の考え方からすると、ひどくエゲツナイやり方で,国を治める方法が書いてあります。 したがって,マキアベリズムと言う場合、たいてい、悪い意味に使われることが多いようです。

    そういう本を書いたマキアベリもびっくりする、というのですから、藤原鎌足が愛読していた「六韜(りくとう)」という兵書がどのようなものであったか、 大体想像がつくでしょう。たぶんマキアベリは、この兵書を読んでいなかったでしょう。私の知る限り、 マキアベリが「六韜」を参考にしたとは、どこにも書いてありません。

    この「六韜」のどこがすごいかと言うと、例えば、

    「権力者がいたら側近になって徹底的におだてろ、そうすれば 彼は反省を失い判断力が鈍るだろう」

    「寵姫がいたらもっと美しいライバルを送り込め、そうすれば 宮廷は二つに分かれて大変なことになるだろう」

    「外交使節に隣国から優秀な人物が交渉にきたら話をまとめるな、 愚鈍な人物のときにまとめろ、そうすればその人物が重んじられ 優秀な人物は失脚し、隣国は弱まるだろう」

    というわけで、政略、謀略を通して、 時の政治をどのように操って行けばよいかということが書かれているマニュアル本だったのです。

    これには、さらに、「八徴の法」という人物の本性を見抜く八つ の方法がのっています。

    1. 質問してみて理解の程度を観察
    2. 追及してみてとっさの反応を観察
    3. 間者をさしむけて内通を誘い誠実かどうかを観察
    4. 秘密を打ち明けてその人徳を観察
    5. 財政を扱わせて正直かどうかを観察
    6. 女を近づけてみて、人物の堅さを観察
    7. 困難な任務を与えてみて勇気があるかどうかを観察
    8. 酒に酔わせてみてその態度を観察

    エゲツナイといえば、確かに、その通りには違いないわけですが、人間の弱いところ、痛いところを 見極めて、なかなか意味のあることを言っています。もちろん、まともなことも、たくさん書いてあります。 くだらないことばかり書いてある本だとしたなら、藤原鎌足が見向きもしなかったでしょうし、結局現代まで、 伝わらなかったでしょう。

    この六韜(りくとう)は、周の太公望の撰とされ、「荘子-徐無鬼」という本に「金版六囁」(「囁」は「とう」で「韜」に同じ)と出ています。 現存するものは、それに仮託して3世紀以降に作られた偽作であるという説もあります。文韜・武韜・竜韜・虎韜・豹韜・犬韜の6巻からなっています。 ちなみにこのうちの「虎韜」から派生した言葉が、今日よく耳にする「虎の巻」という慣用語です。

    また三略(さんりゃく)と呼ばれる兵書もあり、これは3巻からなる兵書です。これも周の太公望の撰で、黄石公(こうせきこう)が土橋の 上で漢の張良に授けたと伝えられています。しかし、これとても、後世の偽撰書だとする学者が居ます。 老荘思想を基調にした治国平天下の大道から戦略・政略の通則を論述したものですが、日本には遣唐使上毛野真備が初めて伝えたということになっており、 「六韜」と併称して、「六韜三略」と呼ばれることが、よくあります。 

    日本人とは何か?

    藤原鎌足が、なぜ六韜を愛読するようになったのか? そんな疑問が頭をもたげませんか? その疑問に答える前に、ここで日本とは何か? 日本人とは何か? をちょっとばかり考えてみたいと思います。そうでないと、なぜ藤原鎌足が六韜を愛読していたのか、また、それを実践したのか、 がよく理解できません。

    先ず、よく考えなくても分かることなのですが、日本へやってきた人はどういう人たちかというと、それ以前は強い人たちだったかもしれませんが、 戦争に敗れて逃げてきたか、自分が住んでいるところが、戦地になって追い出されてきたか、飢饉や、病気が蔓延して作物がなく、 喰いっぱぐれて、着の身着のままでやってきたかの、いづれかです。

    もっと時代をさかのぼって、人類史の上から見れば、アジア人がどうして体が小さいかということも、上のような理由で説明がつきます。 つまり、アフリカで、我われの祖先が生まれたわけですから、前のページの地図で見るように、そこから四方八方に広がっていったわけです。 では、どういう人たちが広がって行ったかといえば、端的に言えば、弱い人たちです。

    この「弱い」にも二通りの意味があります。肉体的に弱いのと、頭脳的に弱いということです。当時のアフリカ人は肉体的にも、 頭脳的にも強かった。したがって、肉体的に弱かった人たちが、ヨーロッパやアジアへと、生存競争に敗れ、新天地を求めて去って行ったわけです。 好奇心を満たすために、よその土地へ行くとか、旅行気分で他国へ行くとか、そういうことは、20世紀の後半になってからの話で、 それまでは、99パーセントまでが、喰うために他所へ移っていったわけです。これは、アメリカの移民史を見ればすぐに分かることです。

    アジア人は、そういうわけで、アフリカからアジアへと移住していった。日本の原住民といわれるアイヌ人でさえ、祖先をたどってゆけば、 そういうアジア人のなかで生活していた時期があったはずです。ところで、その当時、逃げていった人たちのたどり着いた土地に、 誰も居なかったのか?といえば、決してそうではなかったわけです。どういう人たちが住んでいたかと言えば、ネアンデルタール人のような人たちが居たわけです。

    最近の遺伝子の研究に見るように、 どうやら、我われは、 この人たちから進化してきたのではない事が分かってきました。それでは、ネアンデルタール人は一体どういう人たちかといえば、もちろん、我われアジア人とは比べものにならないくらいに、 肉体的には頑強です。脳味噌の量も我われとほぼ同じぐらい持っていました。量だけから言えば、中には、我われよりも、多くの脳味噌を保持していた人も見つかっています。

    しかし決定的に我われよりも劣っていた点がありました。それは何かというと、最近の研究に因って、彼らが言葉をうまく操れなかったということが分かってきたのです。 解剖学的に調べると、彼らの、喉の構造から、余りよく発声ができなかった。つまり、そのような理由で、たくさんの言葉を持っていなかったらしい。このことは、戦争のような、 団体行動をとる時には、致命的な欠陥です。 コミュニケーションがよくできないということは、戦略、謀略が効果的に使えないということになります。

    これはどういうことかといえば、体の小さなアジア人が、肉体的に頑強なネアンデルタール人に対して、『六韜』を実践することに因って、勝ちぬいてきたようなものです。 そうすることで彼らの土地を奪って、生存競争に生き残ったわけです。おそらく、生存競争に敗れて絶滅したネアンデルタール人から見れば、 我われホモ・サピエンス・サピエンスは、全く、ずるがしこい人間に見えたでしょう。ちょうど今の我われが、『六韜』を読んでエゲツナイと感じるように。

    ここで、日本に焦点を当てて考えてみたいと思います。気の遠くなるような年月を経て、ようやくアイヌ民族が東の果てに、到達しました。 果てしのない生存競争に勝ち抜いて、やれやれと思ったことでしょう。もうこれより東へは行くことができない。大陸には、もっともっと広い土地があるのに、 どうしてこんな地の果てにやってきたのか?理由は簡単です。このアイヌ民族は、もともと好戦的な民族ではなかったからです。 大陸では、町の周りに城壁をめぐらせて、同じアジア人同士が果てしもない戦いを繰り広げている。アイヌ民族は、もう戦争に懲り懲りした民族だったでしょう。 町の周りに城壁をめぐらすことなど、はなから、ばかげたことだと思っていたようです。それよりも、みんなで仲良くして、作物でも作って、のんびりと暮らそうじゃないか、と。

    したがって、聖徳太子の『和の精神』こそは、先住民族のアイヌ人から受け継いだに違いないのです。絶対に大陸的発想ではありえない。 その証拠に、魏志倭人伝には、日本では、町の周りに城壁をめぐらしてないということが書かれ、大陸人はびっくりし、あきれています。

    いずれにしても、戦争を避けて、暮らそうとすれば、アイヌ民族のように、僻地を選んで生活するしかないわけです。しかし、いつまでも、 そのようなアイヌ民族を、そおっとしてお居てくれない。 前に書いたように、戦争に敗れて逃げて来るものが後を絶たない。自分が住んでいるところが、戦地になって追い出されて来る者も居る。飢饉や、 病気が蔓延して作物がなく、喰いっぱぐれて、着の身着のままでやってくる人たちもいる。日本はさしずめ、そういう人たちの、吹き溜まりのようになってしまった。

    迷惑するのは、先住民族のアイヌ人たちです。この後の、アイヌの歴史というのは、現在の日本人の先祖に追い立てられて、北海道の片隅に押し込められた歴史です。 したがって、アメリカ・インディアンが、現在のアメリカ人たちの祖先に追われていった 歴史と全く同じといっていい。「歴史は繰り返す」、と言われているとおり、このことは、まさに、その言葉を実証しているものです。

    したがって、先住民族のアイヌ人を原日本人と見なす場合、現在日本に住んでいる日本人の95パーセント以上の人たちは、原日本人ではないことになります。 むしろ、在日百済人の子孫、在日新羅人の子孫、在日高句麗人の子孫、在日呉人の子孫というべきところです。『呉服』という言葉を知っていると思いますが、 これは、呉人が着ていた服のことです。呉というのは、もちろん下に示す地図で見るとおり中国にあった国です。

    Three Kingdoms in China (3goku.gif--450x368)

    さきほど、引き合いにだした魏志倭人伝というのは上の地図に見える、魏という国の人が、倭人、つまり、その当時の日本人について書いた 文章です。日本人が使っている漢字の読み方には、漢音、呉音、唐音、宋音と大体この4通りの読み方があります。もちろん、 すべての漢字に4通りの読み方があるというわけではありません。とにかく、日本語で使われている漢字の読み方に、漢音と呉音が多いということを考えれば、いかに、 この時代に、日本と中国の交流が激しかったかがよく分かります。ということは、当然、文物だけではなく、多くの人間が、漢や呉からやってきたわけです。 もちろん、その多くの人たちが、古代の朝鮮半島を経由してやってきたはずです。

    おそらく、現在日本に住む99パーセントの日本人は『呉服』という言葉を知っているでしょう。しかし、聖徳太子が生まれる300年以上も前から、この呉 からやってきた人たちが、今で言うなら、最新流行のパリのファッションとでも呼ぶべき、呉服を持ち込んだということは,すっかり忘れていることでしょう。 しかし、日本語としてすっかり定着して、いまだに、呉服屋さんという人たちが居ます。

    じゃあ、今、日本に住んでいる人は日本人でないの?

    これは重要な問題です。ページを改めて、お話したいと思います。

    一体、日本人とは?


     

    YouTube 動画
    Watch the latest videos on YouTube.com


    筆者紹介
    Akira Kato (kato.jpg--180x135)
    • 日本とカナダの大学で教育を受ける。
    • 横浜にある大手の電器メーカーでコンピューターのソフトウエアの開発に従事する。
    • カナダのノースウエスト隼州政府・財務省に勤務する。
    • バンクーバーのランガラ・カレッジおよびサレーのクワンテレン・カレッジで講師を勤める。
    • ヨーロッパ、東南アジア、中国、北米を幅広く旅行する。
    • 現在、経営コンサルタント、フリーランス・ライターとして活躍している。

    Amazon Electronics Bargain Corner (amazbagn.gif--550x280)

    Denman Blog
    Re-Discover JAPAN
    inserted by FC2 system





    dline--middle"> ジャンル人気記事ランキング アニメ・マンガレビュージャンル
    続きをみる

    Amebaトピックス

      PR

      もっとみる

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      はじめる

      他ブログからお引っ越しはこちら

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      詳しく見る

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      申し込む

      フェイクオメガ

      réplica omega
      ارتفع هوبلوت الذهب
      Longines montres à vendre

      楽天の商品をアフィリエイトするブログ

      楽天で見つけた気になる商品の紹介記事を書いています。